ワキガの原因ってなんだろう

わきがになる人とならない人がいるのはどうして?

わきがは病気などではなく体質だと言われています。

 

体質なので遺伝などの影響も強く受けます。また、ストレスが強くなったり緊張状態が続くと汗をかくので臭いが強くなったりします。

 

このように環境にも作用されるワキガですが、主には汗を多くかく(汗腺が多い)体質であることが原因です。

 

わきのにおいの強い人とあまり臭わない人の大きな差は汗腺の量という体質の違いにあります。

 

体質とはいえ、背が大きい小さいなどとは違い臭いのことなのでとても気にしてしまいますよね。ワキガは治療に健康保険が適用される疾患扱いです。

 

とても気にしてストレスや精神的負担を抱えてしまう場合や、臭いがとても強く周囲から指摘される場合などは、専門医に相談することがおすすめです。

 

わきがは体質


 

わきの下はどうして臭い汗をかくの?

先ほど汗腺が多い体質がわきがの原因と書きましたが、どうしてスポーツの後や暑い日などにたくさん汗をかいても、その汗からはワキガの臭いがしないのでしょうか。

 

それは、汗腺には二種類の汗腺があり、違った成分の汗をかくからです。

 

暑い日にかく汗の成分は水と少量の食塩、わきの下などにかく汗に含まれてるのは最近のエサとなる脂質や糖などが含まれています。

 

最近のエサとなる成分が含まれている汗は、細菌がそれらの物質を分解するときにニオイの元となる成分を発生させます。

 

わきの下の汗が臭くて、額や背中などにかく汗が臭わないのはこのためです。

 

エクリン線とアポクリン線

汗腺にはエクリン線とアポクリン線という2種類の汗腺があります。

 

エクリン線はおもに体温調節などのための汗を出す汗腺で、この汗腺から出た汗はほとんど水分でできています。

 

もうひとつの汗腺であるアポクリン線は体温調節のための汗ではなく、緊張したときや性的な興奮などの刺激によって汗が出てきます。成分もほとんどが水分というわけではなく、脂質・たんぱく質・糖・アンモニアなどさまざまな成分からできています。

 

汗腺のある場所も違いがあり、エクリン線は汗が肌に広がるように皮膚に直接向いていますが、アポクリン線は毛穴のあたりから汗がでます。

 

わきの下の臭いの個人差の原因

ワキガは体質とストレスと先ほどお伝えしましたが、もう少し具体的にワキのにおいやすいタイプを見ていきたいと思います。

 

アポクリン線の数が多い

汗腺の数が多ければ汗の量が増えます。また、汗腺が多いだけでなく、形が大きくても汗がたくさん出るので臭いの原因となる汗を多くかきます。

 

脇毛が多くある

これにはふたつの理由があります。ひとつは体毛の生えている場所とアポクリン汗腺は同じ場所であるためアポクリン線の量が多いと考えられること。もうひとつは、男性に多いですが、脇毛が多いことによって蒸れたりよく洗えなかったりして、細菌がすごしやすい環境になっている場合があることです。

 

緊張するなど冷や汗をかきやすい環境にいる

ストレスを強く感じるときに冷や汗をかきます。「緊張して脇汗かいちゃったよー」などという人がいますが、緊張などでかく汗はアポクリン線から発汗された汗です。そのため、日常的にストレスを多く感じる環境にいる人はアポクリン線からの汗を多くかきます。

 

遺伝と環境

1と2は遺伝的要素がほとんどです。3は環境に影響されるので多少意識して改善できる場合もあります。

 

いずれにしても、アポクリン線からの発汗も毛穴から出た瞬間には臭う汗ではありません。細菌などが分解して際に腋臭となります。

 

ワキに汗をかいたなって思ったら、すぐに拭いたりすることで汗腺の少ない人と同じ程度の臭いになることもあります。また、細菌を抑えるワキガ用のクリームやジェルなどを塗っておくと汗をかいても臭いをおさえることができます。

 

ワキガの原因を知って臭いをおさえる