子どもの脇が臭い時の対策(体臭での悩み)

子どもなのにワキガ!?そんな時の対策

子どもが臭い時

 

最近は食生活や成長の変化で中学生はもちろん、小学生でもワキガのような体臭になる子がいます。

 

ワキガの原因は、アポクリン汗腺という汗腺から出る分泌物を細菌が分解したときにでるニオイです。そのため、何歳からワキガになるかというとアポクリン汗腺が発達するころ、主に思春期を迎えるころに臭いが出始めます。

 

アポクリン汗腺の量が多いとワキガになりやすいため、ワキガは遺伝しやすい体質です。ワキガはあくまで体質であって、病気ではありません。

 

病気ではないと言っても、思春期を迎えた小中学生の子どもたちは多感な年代です。

 

学校でイジメなどに発展しなくても、親の指摘の仕方やアドバイスの仕方などで、自信をなくしたりネガティブに思いつめてしまう子どもたちも多くいます。

 

イジメや友人関係などを気にするあまり、ママが神経質になりすぎて口うるさく臭い対策を指摘しすぎるのはやってはいけないことです。子どもの繊細な心を傷つけてしまいます。

 

アドバイスの仕方に気をつける

 

ワキガは第二次性長期が終わって、アポクリン汗腺の成長も停止したらそれ以上臭くなることはありません。

 

成長がストップしてからなら手術で治せます。高校生や大学生になれば成長がストップするので夏休みなどを利用して病院に行く子も多くいます。

 

お子さんが小さいときは「からかわれないようにニオイを消さなきゃ!対策しなきゃ!」と焦るのではなくゆったりと構えてサポートし、子どもが成長して悩み出したら子どもに寄り添った正しいアドバイスができるようにするのが大事ですね。

 

小学校低学年・中学年の子どもへの対策

小学校低学年や3~4年生でニオイが気になるようなら、ママがそーっと対策をしてあげるのがいいですね。

 

制服や体操服などの普段着るお洋服に、あらかじめ消臭スプレーをかけておいてあげる、お風呂に入ったとき入念に脇を洗ってあげる、などですね。

 

お洋服への消臭スプレーはどういうものを使うのか

子どもの汗が臭い

 

ワキガ対策としてお洋服へ消臭スプレーをしておく場合はファブリーズなどではなく、ワキガ用の衣類スプレーがあるのでそちらを利用します。

 

ワキガ対策のスプレーは、ワキガの原因菌やニオイにスポットを当てたスプレーです。

 

ワキガ用のスプレーで有名なのはイオンダッシュとイオンクリアですね。イオンダッシュは衣類全体の体臭を消臭、イオンクリアはわきの下などにピンポイントで当てて、脇のニオイを消臭するスプレーです。

 

お洋服にスプレーするタイプは、お肌に直接つけるものと違って皮膚への負担がありません。さらに、子どもの心理的負担も少ないのでおすすめの対策です。

 

 

この年齢の子はまだワキガという概念はないはずです。それなのにママが過敏に反応したり対策をしてしまうと、子どもたちは「すごく大変なことなんだ。自分は欠点があるんだ」と悩み、ニオイへの恐怖心やコンプレックスが大きな負担になってしまいます。

 

もし、どうしてもニオイがひどくて気になるようなら1日1回塗ればいいワキガクリームなどもいいかもしれません。

 

最近はドラッグストアで気軽に買えるデオナチュレなどもあります。ただ、アルコールが入っているので皮膚が薄い子どもだと毎日塗るには負担になると思います。大人の私も痒くなったりヒリヒリするので。

 

皮膚が薄く刺激に弱いお子さんには、少し高いですが国産で無添加のラポマインのような刺激のすくないワキガクリームが安心です。

 

ラポマインは、赤ちゃんでも使えるほどの低刺激な上、保湿成分などが含まれているため必要以上に汗がかきにくくなるので、悪臭がでにくい脇になります。

 

【参考記事】

 

制汗スプレーの強制は絶対ダメ!

 

制汗スプレーなどの、日に何度もする必要のあるデオドラント剤を子どもに使わせるのはかなりの負担なのでやめた方がいいです。

 

行動そのものも負担ですが、「強制されるほどの嫌なニオイを出す自分」という意識を植え込まれることの将来への負担がとても大きくなります。

 

しかも、何度も使う制汗スプレーは皮膚へのダメージも大きく、ただれたり痒くなったりすることがあります。ものによっては毛穴をつまらせ、より悪臭をひどくしてしまうものもあります。

 

また、スプレーへのダメージで色素沈着などを起こし、成長するにしたがってその黒ずみがコンプレックスになることがあります。

 

アポクリン線の未発達な小学校中学年くらいまでなら、しっかり洗ってあげてお洋服へのイオンスプレーなどの対策で十分だと思いますが、どうしてもお子さんの脇へも対策してあげたい場合はお肌への負担のことも考えてあげてくださいね。

 

そして、「あなたはニオイがひどいから消しましょう」と子どもだけ対策をするスタンスではなく、「脇は汗をかくとバイキンが増えるからキレイにしておかなきゃね」とママも一緒に塗って、夏のエチケットとして当たり前という意識で子どもに接しましょうね♪

 

 

 

 

小学校高学年・中学生のワキガ対策

中学生のワキガ

 

小学校高学年や中学生くらいになると、自分のニオイや友人のニオイが気になり始めます。

 

この頃は成長のスピードも大きく、アポクリン汗腺もまだ成長している途中なので、ワキガ体質の子は臭いに気がつき悩み始めるかもしれません。

 

誰にも相談できずにこっそりお小遣いで制汗スプレーを買って、日に何度もスプレーをして肌を荒らしてしまう子もいます。

 

子どもが臭いで悩んでいるようになったら子どもが臭いについての相談をしやすいように接してあげたり、親の方から切り出してあげるのもいいかもしれません。子どものの悩みを受け止め、一緒に考えてアドバイスをしてあげましょう。

 

ここで子どもに、「高校生くらいになって成長が止まったら手術をすれば治す事ができる」ことをしっかりと教えてあげるととても安心するようです。

 

そして、

  • 今はワキガ用のクリームなどでいいものがある
  • 手術以外に注射などでも治療できる
  • 制汗スプレーは脇の負担になるから多用はするべきでない

などの知識も与えてあげるといいですね。

 

その上で、さきほど紹介したお洋服にできるワキガ対策などを教えてあげたり、デオナチュレなどを使うようにするといいと思います。

 

ただ、中学生、高校生の女の子はそれでもニオイを気にしてしまうと思います。

 

デオナチュレのソフトストーンはドラッグストアなどで買えて手軽ですが、あまりにも有名なため持っていることをお友だちに見られたりするとからかわれたり、ニオイに気付かれたりするかもしれません。

からかわれないように


 

からかわれやすいタイプの子は、デオナチュレなどの有名商品でなく、パッケージにも「ワキガ」や「体臭用」などと書かれていないクリアネオや、持ち運びやすいチューブタイプのラポマインなどもあるので、気にする子の場合は気をつけてあげてくださいね。

 

ネット専門で売られている商品なので、ドラッグストアですぐに買えるデオナチュレとは違い脇臭対策とばれにくいです。

 

ハンドクリームのように持ち運んで臭いが気になるときには再度塗りなおすことができます。クリアネオは脇汗をおさえる成分配合で、20代女性がよく読む雑誌に掲載されるくらいの隠れた人気商品です。

 

値段が高い分、成分にもこだわっているので、お肌がまだ弱い中学生のお子さんも安心して使えます。

 

 

 

子どものワキガ対策のまとめ

子どものワキガ対策は小さければ小さいほど、親が騒いではいけません。

 

子どもがワキガと気が付いたり、周りから指摘されて悩むようになる年齢になったときに初めて具体的なワキガ対策の方法を子どもに取らせるべきです。

 

小さいときにトラウマになってしまうと自信をなくしたり、大きなコンプレックスになってしまって、その後の人生への影響が小さくないことも考えて親は行動しましょうね。

 

子どものワキガ対策のまとめ


 

関連ページ

 

商品を使用した感想(肌への負担)など気になった場合は参考にしてくださいね♪

 

 

 

 

TOP:体臭の原因と対策サイトのトップへ戻る