ワキガで受診するに形成外科と皮膚科など

ワキガを診てもらうのは何科か?

ワキガで悩むなら受診しましょうと言われても何科に行っていいのか迷いますよね。

 

ワキガは、形成外科または皮膚科で診てもらえます。ワキガの手術の事も考えると、形成外科の方がワキガに詳しいお医者さんは多いです。

 

わたしのおすすめは形成外科です。

 

形成外科ってどんなところ?

形成外科は、整形外科のように健康上に不都合があるところを治すだけでなく、疵をきれいにしたり生まれつきや事故などでの骨や造りの異常を治してくれたりします。

 

わたしも一度転んで顔を怪我して受診したことがありますが、単なる怪我の治療だけでなく、その後どうやれば跡など残りにくくできるか、残ってしまった場合などどうすればいいかなど、気になることにも触れて診療してくれました。

 

私のわきのにおいは、ワキガクリームを塗ることでずいぶん軽減されたと自分でも感じるのでので手術などは考えていませんが、わきの臭いの程度を知りたい方や、色々な人に指摘されて手術を考えている方などは、患者の悩みについて他の科よりも寄り添ってくれることが多い形成外科を受診するのがいいと思います。

 

受診前に一度電話でワキガの治療をしているか聞いてみると、形成外科でもワキガの治療ができる病院かどうか教えてくれます。

受診したときにはどういうことをするの?

ワキガで受診するとワキガの程度を調べることから始まります。

 

病院によって方法は違いますが、朝わきの下をきれいに洗ってから受診した時の臭いの強さで程度を調べることが多いです。臭いの程度によって治療方針も変わりますが、最近はすぐに手術を勧めるのでなく、きれいに保つ洗い方や、ワキガクリームなど、手術以外の指導を先にしてくれる医療機関も多くなりました。

 

まずは客観的にどの程度の臭いなのか専門家に判断してもらい、どんなことをすると臭いが和らぐのか診てもらいましょう。もちろん、公的な医療機関で受診すればワキガも健康保険が使える保険診療です。

 

民間治療などを試すより病院の方が安心です。

 

精神的負担の度合いで治療方針が変わる

病院でワキガ臭が経度だと言われて(ほとんどの人はかすかに臭うので、ワキガでない人と軽度と診断された人とあまり違いはありません)も信じられずにワキガノイローゼのように気にしてしまう人がいます。

 

こういう方の場合は、弱い臭いであってもしっかりと治療をして不安を取り除いたりもします。

 

実際の臭い以上に気にしてしまうことでメンタル的に不安定になってしまい、日常生活に支障をきたすことがでてくるからです。

治療の方法

ワキガの治療には、保存両方と手術療法があります。

 

初めて受診して、ちょっと臭いをかいだだけですぐ手術を勧めてくるお医者さんは手術を任せるのも不安です。

 

手術をしなければならないレベルの匂いであっても、本当に保存方法では善処されない程度の臭いなのかしっかりと判断してもらったり、保存療法を試してから手術という選択肢を選んでも遅くないと思います。

 

保存療法とは

保存療法とは、手術以外にできる改善方法を試して腋臭の改善をはかることです。

  • 石けんなどを変えたり、小まめに拭くなどわきの下を清潔に保つ
  • ワキガクリームや制汗スプレーなどの使用
  • 食べ物やストレスの軽減など日ごろの生活の見直し

など、全般的に見直します。

 

ほとんどの人は、こういったことに注意するだけでも体臭がかなり軽減されます。しばらく保存療法を試してからもう一度受診して手術をするかどうかを決めても遅くないと思います。

 

心療内科が加えられる場合も

先ほども書きましたが、実際の臭いではなく「臭い気がする」不安感に悩まされている人もいます。
腋臭の診断をきちんと受けた上で、気にしているほどの臭いがない場合は精神科または心療内科のお薬も合わせて処方してもらって良くなる人もいます。

 

精神的な不安感が大きい方は、形成外科と心療内科の療法が備わっている病院での受診だと相談しやすいかもしれませんね。

 

腋臭の治療法


TOP:体臭の原因と対策サイトのトップへ戻る